対人援助職をめざす|セラピストになるには資格が必要|疲れ気味の現代人を癒す職人
ドクター

セラピストになるには資格が必要|疲れ気味の現代人を癒す職人

対人援助職をめざす

カウンセリング

心理職の仕事

心理カウンセラーには、資格を持っていることで仕事につきやすくなります。有名な資格に臨床心理士が挙げられますが、大学院を修了し、資格認定試験に合格する必要があるためハードルが高いものとなっています。他にも、臨床発達心理士や学校心理士、産業カウンセラーなどの民間資格があります。それぞれの学会が認定しているものであり、今まで国家資格というものはありませんでした。それが、最近、長い年月をかけてようやく国家資格にこぎつけた経緯があります。どのように試験を行うかは今後整備され、平成30年度には第一回目の資格試験が行われる予定です。取得要件は、四年生の心理学系の大学を出た後、大学院を修了するか、実務経験を積む必要があると言われています。今回の経過措置として、一定の実務経験を要する方は試験を受けることが出来るようです。

心理職の適性

どんな仕事にも適性を考える必要があると思われます。心理カウンセラーになるには、人の話を聞く傾聴出来ることはもちろんですが、ある程度のアセスメントも行うことは重要と思われます。相手のパーソナリティを理解し、どのような考え方をしているかで支援の方向性が定まります。誰にでも同じように対応することは危険を伴います。基本的にケースバイケースで、一人一人に応じた支援をすることが大切です。また、心理カウンセラーは、クライエントの気持ちに寄り添い、否定することなく考えをいったん受け入れることが求められます。守秘義務も大切ですが、自殺など危険な状態にある時はそうもいっておられず、必要な人や機関に情報提供する場合もあります。心理カウンセラーは、受容と傾聴を大事にしつつ、必要に応じて医療機関などにリファーすることも求められ、情報収集能力も大切になります。